忍者ブログ
星が生まれて消えるまでの別館です。 テレビ番組「オーラの泉」番組内容レビューのみのブログです。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

では前半からの続きです。

【霊視】
江「それでね、もう一つ、ついでに申し上げると。あのね一見
  位牌のように見えたんですけどね、私。
  お札、お家に奉ってらっしゃるでしょう」
国「はい」
美「何のお札?」
国「お寺さんから頂いた物です。で、捨てるってういうか出来なくて
  どうしたもんかな?と思いながら」
江「早くお焚き上げに持っていかれた方がいいです」

国「そうですか」

江「なぜかと言うと、その頂いた時の『間接的なご縁』が
  あるでしょう。それ自体が色々問題がある」。 
国「『頂いた人』って事ですか?ああ~」
  あれっ、という表情の後で言い。
江「その人自身が色々なトラブルに巻き込まれてるでしょ?」
  国生さん眉をひそめつつ。
国「いや、それがわからないんですよ。その方とホント連絡取ってないので」
江「取ってないというか、取れなくなった、でしょ」
国「うん・・取れなくなってました」
江「で、どこでどうなってるかもわからないでしょ」
国「はい」

美「お寺さんとか神社とかにね、「お焚き上げ」って
  いう場所があるの。神社なりお寺に行って」

〔お焚き上げ・神社やお寺でお札やお守りを燃やし、神に感謝の心を捧げる神事〕

美「『お焚き上げ願います』って、お返しすればいいのよ。
  大体、そのお札っていうのは、一年に一回、換えるじゃないですか」
  その間に江原さん、ぐーっと上の方をぐる~という感じで見る。
美「節分なら節分とか、年末なら年末とか。
  それは何かって言ったらエネルギーの『蓄電池』なのよ。
  
  お札って言うのは蓄電池だからバッテリーが切れるのよ。
  で、バッテリーが切れたものをそのままにして置くと
  悪い方の妙な物がそこへ蓄電池へ蓄電されるのよ。それが怖いのよ」

太「それをやるだけでも全然変わりますか?」
江「そうなんです、変わるんです。で、いて
そういうエネルギーのね、付着するものが多い
国「え?私ですか?!」

〔特徴・念が付着しやすい〕

江「ご自身の中でもそう。チェストの中にけっこう写真入ってるでしょ」
国「入ってます」
江「その写真が、溜まり溜まっちゃってるから、いっぱい入ってると
  思うんだけれども。一旦、整理したらいいかもしれませんね。
  その、嫌な思い出のある人物のとかも入ってるんですよ」
国「あ、入ってます、入ってます」

江「どういう訳か、嫌な事があると、なぜか、その写真を見る
  機会があるんですよ。そこで悶々と念が来ちゃうんですよ。
  いっぺん、旅立ちって時に整理しちゃった方がいい。
  
  それで、どうしても、お焚き上げするなり処分するなりが
  忍びないようだったら、一旦全部包んで整理しちゃった方がいい!」

  パッケージしてね、本当は九字とか切ってしまうといいんだけど
  一旦こう目張りしてね」

〔九字を切る・「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」の 九字の護身の呪文を唱える事〕
〔※番組内で特に説明はありませんでしたが、専門の方にして頂く事のようです〕

江「まとめるってだけでも、随分とね整理されて。色んな人の関わりの
  ネガティブなエネルギーとかも置きっ放しなんですよ。色んなものが。
  
  だから、それはそれとして、大切になさる方なんだけど
  全部マイナス、裏目裏目にこう、出てしまってる感じがね」

美「いい?早く言うとね、やたらにプレゼント多いのって
  喜ぶじゃないの、女って。あの男からこの男からってプレゼント。

  それは、しかしね『念も一緒にもらう』って事なのよ。
  それが、いい念であれば、いい才能が来るわけ。磁力と同じだからね。

  だけど、ありがたくない人からもらった物はエネルギーがケンカするわけよ。
  それが悪い澱になって土砂みたいにザーッと溜まっていくわけ。

  その念が動かないから、それが物を持ってると、そのままになる。
  それがいっぱい溜まってるって事ね」

江「そうなんです。ある意味色んなエネルギーをね残しちゃう人なんですよね。
  それさえ無ければ、見えるブルーとか黄色とか朗らかさもあるんです」

〔本来のオーラ・ブルー(冷静、知的)、黄色(陽気、朗らか)〕

江「だから、それだけのものがあるのに?どうしてだろう。
  そこまで頂いて来た垢の方が重たくなっちゃって?って感じてね」
太「どうですか、心当たりというのは」
国「あのね自分ではね、きちんと、というかそういう
  『お掃除』終わってるものだと思ってたの。
  でも、きっと見て来なかったんです。きっと」

美「いやね、その自分はリセットして精神的には回復したつもり。
  その時には、それでいいわけ、ね?。
 
  だけど相手方の想念とか、その念力とか色んなものは残ってるわけですよ。
  いくら自分は解決したつもりでも、そういうエネルギーは残ってるわけで。
  
  そういう想念の色んなものが邪魔しちゃって。
  そういうものに邪魔されてるって。通訳するとそういう事でしょ?」

江「そうなんです。本当は守護霊さん、おっしゃってるんですけど
  『あなたは人を喜ばす事が大好き』なのに
  そういった気持ちすら失って行ってる。

  要するにせめてもと気持ちを込めれば逆に返ってっていう恐れが出ちゃってて。
  一つ、ここでリセットしてあなたらしく変わって。そしてね
  国生さん自身の将来ね。もっと女性としての幸せがあるんですよ」
国「ほぉー」明るめの表情。パチパチと祝福の拍手され。
美「ほほほ」と笑む。

江「でも、このままで行っちゃうと、また足捉まれるかのような事に
  なっちゃうから。やっぱり、いつも話出ますけど人に合わせるというのは
  自分で処方箋を出して、お付き合いしていかなければね」
美「今、好きな人いらっしゃるんでしょ」
国「はーい」
江「でも、その人は」(ふーっ、ふーっと国生さんの周りの悪いものを
  自分の席から吹き祓っているよう)

美「私、大丈夫だと思うわよ。」微笑む。
国「そうですか。良かったです」嬉しそうに。
美「だから整理しなくちゃ」
国「はーい、そうですね」と笑顔。

〔身の回りを整理する事で国生は、さらに幸運を呼び寄せる事が出来る〕

美「とてもステキな人よ」
太「本当ですか?今、江原さんはふぅーっていう。それはそれで(悪い念を)取って」
江「そうそう、切り取って、切り離して」
太「それは、今、話を聞いてるだけでも変わってるんですか?」
江「変わってます」
太「取れってては、いるんですか」
江「だから、現実の上でお部屋の整理をね。今の付着してるものとか
  この思い出の詰まってるものとか、あんまり」また、上の方見てふぅーとする。

江「だって、自分がリセットして前向きになろうとしてきれいになってるのに
  自分以外のものに邪魔されたらつまんないじゃないですか、ね」
美「今、あなたがね好きな男の人。その人優しくてすてきな人。
  あなたの本質の良さをどこかで解ってる人よ」
国「はい」
美「再出発するには丁度いいじゃない」
国「はい」

江「もう一つ。守護霊さん、立派な方です」
太「何人くらい?」
江「一番はお侍の奥さん、ね、奥方様。その人が一人。
  あとはお家のお身内の方達がサポートしてくれているんですよ。
  それこそ、亡くなった方、おじいさまとか、ね」
国「ご先祖さま」
江「みんな、心配して見て下さってる。あと一点だけ。首ね。
  ちょっとムチウチのオーラになってるんです。
  そこだけ気を付けて下されば」首の後ろに手をやる感じで。
国「つい二、三日前にロケでちょっと。
  車の助手席に乗っててやりましたね、ガンって」

国「今、衣替えの季節じゃないですか。
  だからね、洋服を捨てなくちゃいけないな、整理しなくちゃいけないよって。
  でも一日じゃ終わらないから、お休みある時に
  ちょっとやんなきゃいけないな、て。ずーっと思ってた事は思ってました」
江「それも一つの」
美「啓示だったのね、奥方さまからの」
国「お願いします」と後ろを見ながら言う。
江「今日は大みそぎですね」
太「いや~、大分晴れてきましたね」
美「大掃除ですよ」

【エンディングトーク】
太「今日はどうですか。何かお話を聞いて、自分の中で変わった事はありましたか」
国「さっきの掃除の話じゃないけど、『こうした方がいいんじゃないの』
  って声が聞こえたような気がして行動起こしてるんですよ。
  
  でも元来、怠け者なので次に回しちゃうんですよね。だから、それをしないで
  思った時にはちゃんとこう、した方がいいんだな、と思って」
太「それこそ、守護霊さんが国生さんに対して言ってる事かもしれないですからね」
国「守護霊さまって大変だね~!」
太「国生さん一人でも大変ですもん」笑。
  苦笑いしながら、ベシッと太一くんの腕を叩く国生さん。

【オーラのカルテ】
オーラ・・・本来はブルー、黄色だがベールで隠されている。
守護霊・・・武家の奥方
特徴 ・・・人の「念」が付着しやすい。
そして・・・女性としての幸せが待っている。

【オーラの言葉】
「すぐ『キレる』のは自分の気持ちを表現する適切な言葉を知らないから。
 たくさんの本を読んで言葉を知ればストレスはたまらない」(美輪様)

次回は、宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」の主題歌を
お歌いになった米良美一さんです。
PR
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
kanon
性別:
女性
ブログ内検索
最新コメント
(12/31)
バーコード
忍者ブログ [PR]